Latest Posts

現金でなければ買いたいモノは意外と多いので借りて買います

至急お金が欲しい
どうしても買いたいモノがあるときには、どうすればいいでしょうか。

まあ、ふつうはお小遣いで買うでしょう。しかし、もしお小遣いだけでは足りなかったらどうしますか?
その場合は、やはりお小遣いを少しずつでも貯めてから買うとか貯金を下ろして買うとかそんなところでしょうか。

しかし、消費家の人は貯金があまり無かったりしますよね。

さらに買いたいモノが新製品とかであれば、しばらくは在庫は十分にあってどこかで買うことはできるのでしょうから、お小遣い貯めてから半年後に購入などといったことも出来るのでしょうけど、たとえばその欲しいものが在庫限り、とかもう廃盤商品でこの先は手に入らなくなるとか、さらにユーズドや骨董品の類いでめったにお目にかかれない商品であったばあいとかはどうでしょう。

今買ってしまわないともう買えないかもしれない、そんな欲しいものもありますよね。

それでも、欲しいものが今すぐ買いたい、でもいますぐ使えるお金がない、こんなときにはまず最初に思い浮かぶのはクレジットカードでしょうね。

しかし、中古品、オークションでの買い物などにはカードが使えないということも多いのではないでしょうか。

買いたい、でもお金がない、カードが使えない。現金でしか買えない。
これは、あきらめるしかないでしょうか。
最後の方法がひとつ残っています。 お金を借りてしまえばいいのです。

だれから、借りますか? 親、友人、親戚。いやいや、なかなか数万から十万以上のもの買うのにお金貸してほしいとはいいにくいですよね。

わたしは、サクッと消費者金融からお金を借りてしまいます。最初は抵抗ありましたけど、考えてみればクレジットカードで買い物するのとたいして変わりません。直接、カード会社からお店にお金が支払われるか、一旦自分のサイフに入るかという違いだけです。
それに知人に借りたりすると結構いろいろ面倒ですからね。

というわけで、今すぐ欲しいものがあって、お金がない、カードが使えない場合にはわたしは消費者金融からお金を借ります。

私が消費者金融からお金を借りてでもしたかった事について

私は20年前の当時私が東京都内の私立大学に通う大学生だった時代に生まれて初めて大手の消費者金融からお金を借り、当時所属していた大学のオールラウンド系のテニスサークルの活動であるマリンスポーツやウインタースポーツの用品を買う購入資金に充てました。

それ以来私はレジャー用品、水商売のお店であるキャバクラ店やクラブなどの夜遊びに使う遊興費、風俗店に使う遊興費、そして消費者金融の金融業者に毎月返済を行う為の返済金を他社の消費者金融から借りて返済を行うようになりました。
お金が欲しいなら)

他社の消費者金融の金融業者からお金を借りて別の消費者金融の金融業者にお金を返していた頃は私自身も生活が苦しい時代で、消費者金融の金融業者からキャッシングをして借りたお金で何度も食生活においてきちんとした栄養のある食品を購入出来るなど、助けられました。

私がもし現在10万円を消費者金融の金融業者からキャッシングをして借りたとしたら、まず最初にその10万円の内、半分の5万円は私が現在お金を借りている銀行系のカードローン会社の毎月の返済金とクレジットカード会社の毎月のリボ払いの支払いの返済金に充てると思います。

そして残りの5万円は車のローンの支払いに2万円を使い、残った3万円は妻と子供達と日帰り温泉に宿泊する為に宿泊費用として使うと思います。

今は10万円欲しくない、と言ったら嘘になってしまいますが、以前の時代よりも現在は上手に消費者金融とお付き合いをする事が出来ており、返済も滞りなく行っています。

勤め先しっかりなら金融機関、そうでなければ身内

金融機関で借金する場合、最も重要視されるのが返済能力です。
出世払い要素はないはずです。
少しだけそういう要素が加味されるとすれば、一部上場企業の社員や公務員。
これは返済能力以上を貸し出してくれるわけではなく、金融機関内の基準の範囲内で優遇されるというもの。
金利なども双方の提携などの関係性のある場合には優遇される場合もあります。
ある意味では、借りる人の数字的な返済能力だけで判断されるので、そういう意味では金融機関の方がシンプルで借りやすいです。
大企業社員や公務員ならこちらがいいかもしれません。
親戚間だと金銭トラブルになる恐れもありますしね。

一方、身内の方から借りる場合と言えば。
近親ではない親戚という間柄なら、こちらは借りる人間の人間的な信用で貸し出します。
子どもの頃から知っている間柄というと昔の悪行もバレているのですから。
いまが立派だとしても、貸す方にしてみれば心配もあります。
両親や祖父母などの近親者から借りるのであれば、信用よりも、切迫度によります。
振り込み詐欺が分かりやすい例で、身内が困っていればほぼ無条件で大金を出すものです。
切迫度ではなくとも、例えば、事業を始めるからまとまった資金を借りたいという場合には、事業資金の融資はその事業での見込み、返済能力などを判断されます。
これは金融機関でも親戚でも厳しさは別としても、要素としては似通ってきます。
前述の大企業社員や公務員など金融機関から借りやすい人ではなければ、親戚から借りた方が借りやすい場合もあるでしょう。

こんな時、お金を借りたくなりますよね

正直、自分はあまりお金を借りることは無いです。
買いたいものはきちんと計画を立てて給料からの小遣いで買うようにしています。
ただ、どうしても欲しいものが予算を超えてしまうこともあります。
それでも大体の場合は次の給料からの小遣いを待って買っていましたが、今まで2回ほどお金を借りて買い物をしたことがあります。

一つはゲーム機を買ったとき。
ゲームはゲーム機だけでは遊べず、必ずソフトが必要ですよね。
ゲーム機分だけの予算はあるけれど、ソフトを買うお金が無い・・・次の給料を待ったとしても、一ヶ月は買ったゲーム機がお蔵入りしてしまいます・・・この時は、次の給料を前借したと思って、お金を借りました。

もう一つも似たようなケースなのですが、高音質のヘッドホンステレオを買った時。
こちらは、本体だけ買えば自分のPCに入っている音楽ファイルを流し込めばいいと思っていましたが・・・なんと、高音質で聴くには、専用ヘッドホンが必要だとの事・・・これは、なんとなくだまされたような気持ちにもなりましたが、今までのヘッドホンで聴いても宝の持ち腐れになってしまうし、その時だけは、本体とヘッドホンのセットで割引になる期間ということで・・・消費者金融でお金を借りました。
もちろん、しっかり返しましたよ。
http://消費者金融借りやすい.biz/

シルバー世代でも消費者金融を使ってます

いわゆる高齢者やシルバー世代でも、消費者金融を使うことができるんですね。
会社の人のお父さんが使っているという話を聞いたものですから・・・。
ただ、そのお父さんはもう年金で暮らしているのに融資を受けられると聞いてびっくりしました。
年金も収入とみなして、借入ができることがあるそうです。
たしかに、昔と違いシルバー世代でもお金の使い道はたくさんありますよね。
消費者金融は、楽しい老後を過ごすために役に立つ存在かもしれませんね。